中・四国アメリカ文学会 冬季大会

 

期 日 201512月5日(土)14:2016:40

会 場 比治山大学 7号館3階第三会議室

732-0068 広島県広島市東区牛田新町4丁目1-1

 

 

                                                      司会 吉田 美津 (松山大学)

1. 食に潜むリスクの伝え方―Ruth L.OzekiMy Year of Meats(1998)におけるメディアを再考する

発表 岸野 英美(松江工業高等専門学校)

(14:2015:00)

 

(休 憩   10分)

 

司会 谷岡 知美(広島工業大学)

2. 「男たちを空気のように喰う」―シルヴィア・プラスの屈折の詩篇―       

発表 上杉 裕子(呉工業高等専門学校)

(15:1015:50)

(休 憩   10分)

 

                                                     司会 辻 祥子(松山大学)

3. 言語の所有権を巡って―「ベニト・セレノ」の翻訳のポリティックス―  

発表 藤本 幸伸(山口大学)

(16:0016:40)

 

 

懇 親 会   (18:00)

会場  アンデルセンキッチン

(広島市中区本通7-1 広島アンデルセン2階 電話082-247-2403

会費  Aプラン 3,980 (ソフトドリンク)

Bプラン 4,720 (ソフトドリンクとアルコール)

 

中・四国アメリカ文学会第44回大会プログラム

 

期 日  2015613日(土)・14(日)

会 場  香川大学幸町キャンパス(研究交流棟5階)

         760-0016 香川県高松市幸町1-1    電話087-832-1000

 

 

第1日 613()

 

 

受   付  (12:5013:40)

開会式 (13:4013:50)    開会の辞                                                           会長   新 田 玲 子

研究発表  (13:5016:40)

                                                                                                     司会   三重野 佳 子(別府大学)

1.  同盟の決裂―Bernard MalamudThe Tenantsにおけるアレゴリー―        

発表  竹原 遥(安田女子大学(院))

(13:5014:30)

 

司会  吉岡 志津世(神戸女子大学)

  2.  南部白人女性像の変遷とアフリカ系アメリカ人男性作家

              Langston HughesRichard Wrightの比較研究―           

     (14:3015:10)                                                                         発表    種子田  香(大谷大学)

               

(休 憩   10分)

 

                                                                                         司会  藤吉 清次郎(高知大学)

 3.  伝記作家の声―Jared Sparksの歴史記述における史的客観性と脚注的想像力―          

          発表  山口 善成(高知県立大学)

(15:2016:00)

 

              司会    長瀬 恵美(就実大学)

4.  「バビロン再訪」と『雨の朝パリに死す』における「社交界」と「人間関係」について

発表 平瀬 洋子(広島国際学院大学)

 (16:0016:40)

 

     (休 憩   10分)

 

  (16:5017:50)

講師  後 藤 和 彦氏(立教大学)

演題  もうひとつの「歴史と文学のあいだには」

―日本におけるアメリカ文学者のふるまい―

司会  大 地 真 介(広島大学)

 

懇 親 会   (18:4020:40)

会場  リーガホテルゼスト高松(香川県高松市古新町9-1 電話087-822-3555

司会  松 島 欣 哉(香川大学)

会費  6,000

 

 

2日 614()

 

シンポジアム (9:3012:30)

アメリカ文学史を語る―日本における受容と挑戦―

    司会   重迫 和美 (比治山大学) 

 

1. 日本におけるアメリカ文学史                                                           発題  重迫 和美 (比治山大学)

2. 日本における<アメリカン・ルネサンス>ルネサンス                        発題   城戸 光世(広島大学)

3. 教育学部のアメリカ文学史                                                  発題  前田 一平(鳴門教育大学)

4. サイバー・アメリカ文学史                                                 発題   島  克也(島根大学(非))

 

総   会 (12:3013:00)                                                                       議長   会  長   新田 玲子

閉 会 式 (13:0013:10)         閉会の辞                                                     副会長   松島 欣哉

 

【お知らせ】

1. 「会報54号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。

2. 懇親会、役員会へのご出欠については、同封のハガキを522日(金)までにご投函ください。

3. 平成27年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000円[学生会員3,000円])は同封の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。

4. 第4回冬季大会は平成27125日(土)に比治山大学で開催されます。冬季大会での発表をご希望の方は、731日(金)までにEメールで事務局にお申し込みください。発表題目は10月までに届け出てください。

 

平成26年度 中・四国アメリカ文学会 冬季大会

 

日時: 1213日(土)14:3017:00

場所: 県立広島大学 研究棟1二階1212会議室 〒734-0003 広島県広島市南区宇品東1-1-71

 

 シンポジアム   

 

アメリカ文学における幸せの追求

1.司会兼講師: 新田 玲子 氏(広島大学)

題目: 記憶の中の幸福―Truman CapoteThe Grass Harpがもたらす儚い温もり―

2.講師: 塩田 弘 氏(広島修道大学)

題目: Map Your HappinessRick BassWhy I Came Westにおける幸福―

3.講師: 貴志 雅之 氏(大阪大学)

題目: 子供の死とパラレル・ユニバース―David Lindsay-AbaireRabbit Holeをめぐって―

4.講師: 渡辺 克昭 氏(大阪大学)

題目: 「幸福」のこちら側―Richard PowersGenerosityに見るExuberanceResilience

 

 懇 親 会  

 

<蓮根広島店> 18:00開始 会費 4,000

 

 (天満屋デパート八丁堀店の南[赤い看板の「情熱酒場」の建物の地下]、広島市中区堀川町4-20 タカタアレービルBF082-546-0707 

 

 会 場 案 内  

 

JR広島駅からは、南口の市内電車「JR広島駅」駅で、5番(広島港[宇品]行)に乗り、「県病院前」駅で下車し(21分)、徒歩7分(県立広島病院の方へ道なりに進む)。

●広島港からは、市内電車「広島港」駅で1番か5番(いずれも広島駅行)に乗り、「県病院前」駅で下車(10分)。以下、同上。

 

中・四国アメリカ文学会 第43回大会  (2014)

 

中・四国アメリカ文学会第43回大会プログラム

 

期 日 平成26614日(土)・15日(日)

会 場 高知大学朝倉キャンパス(人文学部棟5F第1会議室)

780-8520 高知県高知市曙町2-5-1 電話088-844-0111

 

1日 614日(土)

 

受   付  (12:5013:40)

開 会 式 (13:4013:50)                                                                   開会の辞       新 田 玲 子 

研 究 発 表 (13:5016:40)

 

                                                                                   司会  吉 岡 志津世(神戸女子大学)

1. 女性のセクシュアリティを否定する家庭内暴力への挑戦―The Color PurpleBy the Light of My Fathers Smile

相互補完的性質から読み解く―                                         発表  光 森 幸 子(広島大学(院))

            

(13:5014:30)

司会  真 野  剛(松山大学)

2. 境界を越える物語―Leslie Marmon SilkoCeremony における文化的多様性―  

発表  黒  住  奏(日本学術振興会特別研究員)

(14:3015:10)                                                                               

 

(休 憩   10分)

司会  前 田 一 平(鳴門教育大学)

3. アジア系アメリカ文学が必要とする「マイノリティ」―Nina Revoyr作品研究―

発表  沖  野 真理香(高知工業高等専門学校)

(15:2016:00)

 

司会  松 永 京 子(神戸市外国語大学)

4. アメリカ南西部小説と核―チカーノ作家ルドルフォ・アナーヤを中心に―

発表  水 野 敦 子(山陽女子短期大学)

(16:0016:40)  

 

(休 憩   10分)

 

特 別 講 演  (16:5017:50)

講師  Gregory Bellow

演題  A Crisis of the Spirit in Saul Bellows Late Life Novels

司会  新 田 玲 子(広島大学)

 

懇 親 会  (18:4020:40)

会場  日本料理 匠 本店(高知市はりまや町1-1-17 電話088-871-0125

司会  山 下 興 作(高知大学)

会費  6,000

 

2615日(日)

 

シンポジアム (9:3012:30)

アメリカ文学・文化と映画を教える

司会  的 場 いづみ (広島大学)

 

1. 教養教育科目でアメリカ文学・文化を教える際の映画活用例                        発題  的 場 いづみ

2. 映画Midnight in Parisを使ってアメリカ文学史を教えてみると・・・             発題  山 野 敬 士(別府大学)

3. 超保守的文学研究教育者が映画を教える方法                      発題  上 西 哲 雄(東京工業大学)

4. Easy Riderで映画とアメリカを教える                                                 発題  杉 野 健太郎(信州大学)

 

総   会 (12:3013:00)                                             議    長     会  長  新 田 玲 子

閉 会 式 (13:0013:10)                                              閉会の辞     副会長  松 島 欣 哉

 

【お知らせ】

1. 「会報53号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。

2. 懇親会、役員会へのご出欠については、同封のハガキを523日(金)までにご投函ください。

3. 平成26年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000円[学生会員3,000円])は同封の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。

4. 第3回冬季大会は平成261213日(土)に県立広島大学で開催されます。冬季大会での発表をご希望の方は、731日(木)までにEメールで事務局(shohchi@msn.com)にお申し込みください。発表題目は10月までに教えてください。

 

平成25年度   中・四国アメリカ文学会 冬季大会  (2013)

 

日時: 1214日(土)13:5016:40

場所: 安田女子大学 8号館28202教室

731-0153広島県広島市安佐南区安東6-13-1

 

研究発表

1.発表者: 坂本 愛 氏(比治山大学(院)) 13:5014:30

題  目: Mark Twain の「人間機械論」に関する一考察――内なる君主の自己改革

司会者: 本岡 亜沙子 氏(広島経済大学)

 

2.発表者: 黒住 奏 氏(広島大学(院)) 14:3015:10

   目: N. Scott MomadayHouse Made of Dawnにおける

大地と部族アイデンティティの関係性――大地の力と癒しの儀式

司会者: 松永 京子 氏(神戸市外国語大学)

(休憩 10分)

3.発表者: 後川 知美 氏(宇部工業高等専門学校) 15:2016:00

   目: 『使者たち』――ストレザーの奔放さが意味するもの

司会者: 中井 誠一 氏(島根大学)

 

4.発表者: 山口 修 氏(大阪学院大学) 16:0016:40

   目:Gene Wolfe The Island of Doctor Death and Other Stories”研究――永遠のイノセンスへの試み

司会者: 島 克也 氏(島根大学(非))

 

懇親会  

メルパルク広島 18:00開始 会費 6,000円 

(そごう広島店の西隣、〒730-0011 広島県広島市中区基町6-36、082-222-8501)

 

 

平成25年度  中・四国アメリカ文学会第42回大会プログラム

 

期 日 平成2568()9()

会 場 松山大学・文京キャンパス (本館6階大ホール)

790-8578 松山市文京町4-2 電話(089925-7111

 

第1日 6月8日 ()

 

受   付  (13:0013:50)

開 会 式   (13:5014:00)                                        開会の辞 会 長  加 藤  好 文

   (14:0016:50)

                                                 司会  前 川 祐 治(広島女学院大学)

1.  Their Eyes Were Watching Godの男性性表象に見るZora Neale Hurstonの人種意識      

                                               発表  山 内  玲 (香川大学)

(14:0014:40)

司会  松 島 欣 哉(香川大学)

2.  『白鯨』の多国籍水夫たちは白人英語を話す!?―翻訳という文学研究の可能性― 

発表  藤 本 幸 伸(山口大学)

(14:4015:20)

(休   10分)

司会  島  克也(島根大学()

3.  不遇の作家キルゴア・トラウトを読み直す                                              発表  中 山 悟 視(海上保安大学校)

(15:3016:10)

司会  重 迫 和 美(比治山大学)

4.  カラーブラインド・フォークナー?

―性差と人種のパリンプセストとしての『アブサロム・アブサロム!』と『エルサレムよ、我もし汝を忘れなば』―

発表  森  有 礼(中京大学)

(16:1016:50)

(休 10分)

 

  (17:0018:00)

講師  藤 平 育 子 氏 (中央大学)

演題  反抗的人間の美学

司会  大 地 真 介 (広島大学)

 

懇 親 会  (18:3020:30)

会場  生協食堂「カルフール」

司会  辻 祥子 (松山大学)

会費  4,000

 

第2日 6月9日 ()

 

シンポジアム (9:3012:30)

カウンターナラティヴから読むアメリカ文学

司 会 城戸 光世 (広島大学)

1. 水兵と奴隷の物語:『ホワイト・ジャケット』に見られるカウンターナラティヴの限界  

発題 辻 祥子 (松山大学)

2.土地の記憶を語る――アードリックのノース・ダコタ作品群                        

発題 横田 由理(大東文化大学)

3Countering Injustice in War and Terror: Julie Otsuka's When the Emperor Was Divine  

発題 Michael Gorman (広島市立大学)

4.科学と詩学が出会うところ―マリルー・アウィアクタと原子をめぐるナラティヴの挑戦―  

発題 松永  京子(神戸市外国語大学)

 

総   会 (12:3013:00)                                                  議   長   会  長  加 藤 好 文

閉 会 式 (13:0013:10)                                                          閉会の辞   副会長  新 田 玲 子

 

【お知らせ】

1. 「会報52号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。

2.  懇親会、役員会へのご出欠については、同封のハガキを524日(金)までにご投函ください。

3.  平成25年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000[学生会員3,000])は同封の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。

 

平成24年度  冬季大会

 

平成24年度 中・四国アメリカ文学会 冬季大会

 

日時: 12月 1日(土曜日)14:3016:50

場所: 別府大学 34号館4階 414教室 (控室413教室) 874-8501 別府市北石垣82

 

 

研究発表

 

発表者: 上杉 裕子 氏(呉工業高等専門学校)14:3015:10

題  目: Sylvia PlathTed Hughes ―愛の破綻と詩の創造:異文化の狭間で―

司会者: 谷岡 知美 氏(広島修道大学)

 

          (休憩 10分)

 

発表者: 藤本 幸伸 氏(山口大学)15:2016:00

題  目: Moby-Dickは『白鯨』、democracyは「民主制」?

司会者: 高橋 愛 氏(徳山工業高等専門学校)

 

(休憩 10分)

 

発表者: 辻 祥子 氏(松山大学)16:1016:50

題  目: ハリエット・ジェイコブズとイギリスの接点 ―トランスアトランティック・アボリショニズムの潮流から―

司会者: 吉岡 志津世 氏(神戸女子大学)

 

 

懇親会

<こいのぼり> 18:30開始 会費 5,000円 (別府市駅前町510)別府駅東口より徒歩5 0977244888 

 

会場案内・宿泊案内

最新のニュースレター、または別府大学のホームページをご参照ください。

※いずれも、文字の部分をクリック頂ければジャンプします。

 

<別府大学へのアクセス>

○ 小倉駅からJR日豊線別府駅まで(特急ソニック1時間20分弱)→普通電車乗り換え別府大学駅下車(4分)→別府大学(徒歩10分)

○ 別府駅よりタクシー利用の場合は、約15(料金1,200円程度)

 

 

平成24年度  41回大会

 

中・四国アメリカ文学会第41回大会プログラム

 期 日 平成2469()10()

 会 場 広島大学 (講義棟2F リテラ)

   739-8522 東広島市鏡山一丁目2番3号 

電 話(082422-7111

 

第1日 6月9日()

受   付  (13:0013:50)

開 会 式 (13:5014:00)                                                                     開会の辞    長   加 藤  好 文 

研 究 発 表 (14:0016:50)

 

 

                                                     司会  杉 野 健太郎 (信州大学)

1.  “The Curious Case of Benjamin Button”の原作とその映画化における象徴技法について  

発表  山 中 祐 子 (広島大学(非))

(14:0014:40)

司会  吉 田 美 津 (松山大学)

2.  “Truth Lies at the Bottom of a Well

Louisa May Alcottの“Transcendental Wild Oats”における個人と共同体の相克―

発表   本 岡 亜沙子(広島経済大学)

(14:4015:20)

(休 憩   10分)

司会  島  克 也 (広島大学()

3.  Robert E. Howard King of Pulps, Creator of 20th Century Pop Culture Icons, Texas Writer         

発表Dierk Guenther(徳島大学)

(15:3016:10)

        司会  中 井 誠 一 (島根大学)

4.  ヘンリー・ジェイムズとイザベラ・スチュワート・ガードナー―その時代性を探る― 

発表  堤  千佳子(梅光学院大学)

(16:1016:50)  

  

(休 憩   10分)

 

特 別 講 演  (17:0018:00)

講師  Andrew Gordon 氏 (Emeritus Professor, University of Florida

演題  Saul Bellows Quarrel with Psychoanalysis

司会  新 田 玲 子 (広島大学)

 

懇 親 会  (18:3020:30)

会場  西条HAKUWAホテル

司会  大 地 真 介 (広島大学)

会費  6,000

 

 

第2日 6月10日()

 

シンポジアム (9:3012:30)

笑いとユーモアのユダヤ文学

司 会 廣瀬 佳司 (ノートルダム清心女子大学)

1. イディッシュ文学の笑いと批判精神―ハイム・グラーデ「ラビの妻たち」―                  発題 廣瀬 佳司 

2.グレイス・ペイリーとカーニバルの笑い                             発題 大場 昌子 (日本女子大学)

3.シンシア・オジックの笑いの世界                               発題 大森 夕夏 (早稲田大学())

4.ホロコースト映画にみるユーモアの表象―『ライフ・イズ・ビューティフル』と『聖なる嘘つき』― 

発題 中村 善雄 (ノートルダム清心女子大学)

 

総   会 (12:3013:00)                         議  長      会 長  加 藤 好 文

閉 会 式 (13:0013:10)                           閉会の辞           副会長  新 田 玲 子

 

【お知らせ】

1. 「会報51号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。

2.  懇親会、役員会へのご出欠については、同封のハガキを525日(金)までにご投函ください。

3.  平成24年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000[学生会員3,000])は同封の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。

 

 

平成23年度  40回大会

 

中・四国アメリカ文学会第40回大会プログラム

 

期 日 平成23611()12()

会 場 山口大学 大学会館(2F)

       〒753-8511 山口市吉田1677-1 電話083-933-5344

 

第一日 6月11日

受   付  (12:0012:50)

開 会 式 (12:5013:00)                  開会の辞                                      長   加 藤  好 文 

研 究 発 表 (13:0015:55)

                              

1. ロバート・フロストの詩における歩くことの意味                              司会 佐 伯 惠 子(県立広島大学)

(13:0013:40)                                                                             発表  寺 尾 勝 行(愛媛大学)

 

2. 肉を切らせて—White-Jacketにおける身体加工と男性性―                      司会 藤 江 啓 子(愛媛大学)

(13:4014:20)                                                                         発表   高 橋  愛(徳山工業高等専門学校)

 

(休 憩   15分)

 

3. フェダラーは逃亡奴隷か?:『白鯨』にみる人種共存の理想と現実              司会 藤本 幸 伸 (山口大学)

(14:3515:15)                                                                                   発表 辻   祥 子  (松山大学)

               

4. If I Forget Thee, Jerusalemにおける<生存の技法>William Faulknerの「ロマン主義」批判 

司会 早 瀬 博 範(佐賀大学)

発表 赤 山 幸太郎(高知工業高等専門学校)

(15:1515:55)  

  

(休 憩   15分)

 

特 別 講 演  (16:1017:10)

講師  若 島   正 氏 (京都大学)

演題  ナボコフの自伝『記憶よ、語れ』を再読する

司会  新 田 玲 子 (広島大学)

 

懇 親 会  (18:0020:00)

会場  ホテル松政

司会  福屋 利信 (山口大学)

会費  7,000

 

第二日 6月12日

 

シンポジアム (9:3012:30)

アメリカ文学と音楽

司 会 山野 敬士 (別府大学)

1. ウィリアム・フォークナーの「語り」と音楽語法—『野生の棕櫚』を中心に— 

発題 重迫和美 (比治山大学)

2. エミリー・ディキンスンとロック―ポップ・ミュージックが好きなら、ぜひ詩も― 

発題 重迫隆司 (福山大学)

3. アフリカ系アメリカ人の音楽・文学に見る人種意識の変遷

―ポスト・ソウル世代の作家、コルソン・ホワイトヘッドの『サグ・ハーバー』を中心に―   

発題 森あおい (広島女学院大学)

4. アメリカ文学に見るポピュラー音楽家のイコン的役割―テネシー・ウィリアムズの『地獄のオルフェウス』を中心に― 

発題  山野 敬士 

 

総   会 (12:3012:50)                               議  長        会 長  加 藤 好 文

閉 会 式 (12:5013:00)                               閉会の辞          副会長  新 田 玲 子

 

【お知らせ】

1. 「会報50号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。

2.  懇親会、役員会へのご出欠については、同封のハガキを527日(金)までにご投函ください。

3.  平成23年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000[学生会員3,000])は同封の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。

 


 

平成22年度冬期研究会

 

 詳細PDF(ニュースレター86号はこちらをクリックしてください)

日時: 12月 11日(土曜日)14:3016:50

場所: 広島大学 総合科学部 2206 

739-8521 東広島市鏡山一丁目71
                             

1.    発表者: 島 克也 氏(広島大学()14:3015:10

    題  目: HeinleinFarmer in the Skyにおけるアメリカン・ヒーロー像の危機と

「帝国」を維持/動揺させるスカウト活動 

司会者: 栗原 武士 氏(広島経済大学)

                (休憩 10分)

 

2.    発表者: 上杉 裕子 氏(広島大学()15:2016:00

題  目: シルヴィア・プラス―母、女、詩人

    司会者: 吉岡 志津世 氏(神戸女子大学)

(休憩 10分)

 

3.発表者: 藤本 幸伸 氏(山口大学)16:1016:50

  題  目: コミュニカティブなリーディング時代のCriticalな文学

  司会者: 新田 玲子 氏(広島大学)

 

 懇親会

<おちゃめ屋> 18:00開始 会費4500円 西条駅から徒歩3分程度(082)424-1550 

 

 

平成22年度秋期研究会

 

期日: 平成22年9月11日() 14:30−16:50

会場: 広島経済大学 図書館 大会議室(F)

〒731-0192 広島市安佐南区祇園5−37−1

 

研究発表

1 新井純美 (広島大学大学院)

  Light in Augustにおける人種とジェンダーの曖昧さ ―Joe Christmas Joanna Burdenをめぐって―

 

2 池田幸恵 (広島大学大学院)

  Tender Is the Night におけるDickの破滅の理由 ―精神科医と心理学者の狭間で―

 

3 中村善雄 (ノートルダム清心女子大学)

  Henry Jamesの戦争体験 ―刻印された身体と動揺するアイデンティティー

 


39回大会 プログラム

 

期日: 平成22612()13()

会場: 香川大学(幸町キャンパス) 研究交流棟(5F)

760-8522 香川県高松市幸町1−1 電話087-832-1569

 

【第1日】 612()

受付 (12:1013:00)

開会式 (13:1013:20)

開会の辞 会長 林  康次

 

研究発表 (13:2016:15)

                                         司会 堤 千佳子(梅光学院大学)

1.  Louisa May Alcott Little Women における教育  発表 本 岡 亜沙子(広島経済大学)

(13:2014:00)

                                                                                               司会 有 木 恭 子(就実大学)

2.  文学作品の持つ地域活性力及び教育力        発表   山 内  圭(新見公立大学)

(14:0014:40)

(休 憩   15分)

 

 

                                                                                               司会 藤吉 清次郎 (高知大学)

3.  歴史の非人格性へ:Henry Adamsの歴史科学に見る「個」の溶解と昇華         

           (14:5515:35)                                                         発表  山 口 善 成(高知女子大学)

                                                                                                   

 

                                                                                               司会 日下 隆司 (鈴鹿工業高等専門学校)

4.  American Labyrinth: DeLillo and Stone on the JFK Assassination   

                                                                                              発表 Taras A. Sak(九州大学)

(15:3516:15)  

  

(休 憩   15分)

 

特 別 講 演  (16:3017:30)

講師  柴 田 元 幸 氏(東京大学)

演題  21世紀アメリカ小説―現実の組み立て方について―

                司会  加 藤 好 文 (愛媛大学)

 

懇 親 会  (18:0020:00)

会場  学生会館

司会  松島 欣哉 (香川大学)

会費  6,000

 

 

【第2日】 613()

 

シンポジアム (9:3012:30)

語り継がれる名作—「モルグ街の殺人事件」―

司 会 伊藤 詔子 (松山大学)

1.  “Private Perry”と推理小説                      発題 辻  和彦 (近畿大学)

2.  ポーと密室ミステリの系譜                         発題 小森健太郎 (作家、近畿大学)

3.  恐怖、輪郭のデフォルメ                        発題 元山 千歳 (京都外国語大学)

4.  Poeの〈愛〉の19世紀―デュパンとボードレールの危機         発題 林 康次 (愛媛大学)

5.  密室の謎とダゲレオタイプ                       発題 伊藤 詔子

 

総   会  (12:3012:50)          議        長       会 長  林   康 次

閉 会 式 (12:5013:00)          閉会の辞         副会長  加 藤 好 文

 

 

【事務局からのお詫び】

先日、会員の皆様に発送した「中・四国アメリカ文学会会報 No.4912頁、伊藤詔子先生のレジュメで一部掲載漏れがありましたので、訂正をしてお詫びを申し上げます。また、シンポジアム当日も正規版レジュメを準備しますので、ご利用頂ければ幸いです。(幹事長 藤本幸伸)

→ 正規版レジュメはこちら

 

 【お知らせ】

1. 「会報49号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。

2.  懇親会、役員会へのご出欠については、同封のハガキを528日(金)までにご投函ください。

3.  平成22年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000[学生会員3,000])は同封の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。

 

 

交通案内


【香川大学まで】 アクセスマップ (香川大学が提供する交通案内です)



Copyright (C) 2003-2016, The Chu-Shikoku American Literature Society. All rights reserved.